阪神大震災26年 記憶のバトンを次代へ 震災知らぬ若者が語り部団体立ち上げ

 震災を体験していないのに、あの日のことを語っていいのか。そんな心の葛藤は被災者から託された「継承の願い」により消し去られた。阪神大震災の発生から26年となった17日、追悼のつどいが開かれた神戸市中央区の東遊園地には、ボランティアとして働く若者の姿があった。昨年10月に発足した語り部団体「1・17希望の架け橋」のメンバーたち。「震災後に生まれたからこそ、できることがある」と、受け取った記憶のバトンをさらに次代へつないでいく。(中井芳野)

 未明の東遊園地。「架け橋」の代表で会社員の藤原祐弥さん(18)=同市長田区=は、会場に並べる紙灯籠の点灯に忙しく立ち回った。

 語り部ブースでは、発生当時の掲示写真を整理。被災者の男性が体験談を話し始めると、自ら質問しながら、一言ももらすまいと耳を傾けた。「コロナ禍で経験を聞く機会も減ってしまっているので」

 神戸市長田区出身。甚大な被害を受けた街のことを小中学校の防災学習で教えられ、災害や防災に興味を持つようになった。「残った人たちはどんな思いで過ごしているのだろう」「もっと多くの被災者から話を聞いていきたい」。進学先として、全国で初めて防災の専門学科が設けられた兵庫県立舞子高校(同市垂水区)を選択するのに、時間はかからなかった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ