震災障害者、取り残されぬよう手を 実態いまだ不透明 声上げづらく

 平成7年の阪神大震災で心身に障害を負い、26年を経た今も症状に悩む人たちがいる。行政の実態把握が遅れ、いまだ支援の手が行き届いていない「震災(災害)障害者」。自らも両足に後遺症を抱えながら、障害者の悩みに向き合ってきた男性は「震災はまだ終わりではないんです」とサポート体制の拡充を強く訴えている。(藤木祥平)

 ■クラッシュ症候群

 神戸市のNPO法人「よろず相談室」で活動する甲斐研太郎さん(72)=同市北区=は震災当時、落下してきた自宅の天井とタンスに長時間にわたって両足を挟まれ、救出後に、足の筋肉が壊死(えし)して膨れ上がる「クラッシュ症候群」と診断された。

 今は装具をつけずに歩けるようになったものの、足指を動かす腱(けん)が癒着したため爪先を伸ばせず、足首も曲げることができない。合う靴がないため、外出時は自ら加工したサンダルを履いている。

 10年ほど前、震災障害者の支援に取り組むよろず相談室の集いに初めて参加。以来、身体や精神に障害を負った同じ境遇の被災者たちに寄り添う活動を始め、いつしか中心メンバーになっていた。「PTSD(心的外傷後ストレス障害)に苦しむ人や家族を失った人。話をするにつけ、まだ震災は終わっていないのだと感じる」

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ