大臣室侵食する政界工作 アキタ社元代表 農水族議員“手駒”に

 吉川貴盛元農林水産相(70)が大臣在任中に現金500万円を受領した汚職事件で、吉川被告とともに在宅起訴された鶏卵生産大手「アキタフーズ」(広島県福山市)グループの秋田善祺(よしき)元代表(87)。「鶏卵業界のために」と複数の農水族議員らに接近し、多額の現金を配っていた。会社経営を息子に任せて「ひたすら政界工作に徹した」(同社幹部)といい、現職大臣へも侵食。大臣室も贈収賄の舞台となった。

 「西川、吉川は俺を大切にしている。河井は金ばかり欲しがる」。昨年春、アキタ本社3階の会議室。秋田被告は社員らを前に、吉川被告を含む政治家3人の名前を呼び捨てにし、自慢げに語った。

 関係者によると、秋田被告は平成21年の広島県知事選に立候補した参院議員、河井案里被告(47)=公選法違反罪で公判中=への支援をきっかけに、夫で元法相の衆院議員、克行被告(57)=同=との付き合いを始めたという。

 また、養鶏業界に詳しい農水族議員とのパイプを重視し、内閣官房参与を辞任した西川公也元農水相(78)の接待も繰り返した。25年、吉川被告が農水副大臣に就任すると、克行被告の紹介で吉川被告との交流が始まり、汚職事件の舞台が整った。

 21年、旧民主党政権になった際には民主側へ人脈を広げ、自民党政権に戻れば自民側の政治家らに足しげく通った。政権交代当時、「農業は日和見でいくしかない」と口にしたという。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ