快速列車にはねられ男性死亡 さいたま

 15日午前7時半ごろ、さいたま市南区鹿手袋のJR中浦和駅で、40~60代とみられる男性が、通過中の新木場発川越行き快速列車(10両編成)にはねられ、全身を強く打ち死亡が確認された。

 浦和署によると、男性がホームから線路に落ちる姿を運転士が確認し、ブレーキをかけたが間に合わなかった。同署が自殺と事故の両面で調べている。

 列車の乗客にけがはなかった。JR東日本によると、上下計13本が運休し約3万7000人に影響した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ