嘱託殺人事件で起訴の医師、不正診断書作成容疑で追送検

 ALS(筋萎縮性側索硬化症)の女性患者から依頼を受けて薬物を投与し殺害したとして、医師2人が嘱託殺人罪で起訴された事件にからみ、2人のうち大久保愉一(よしかず)被告(42)が、診察をせずにもう一人の医師に診断書を交付したとして、京都府警は15日、医師法違反容疑で追送検した。

 追送検容疑は、平成30年10月ごろ、当時勤務していた宮城県内の病院で、山本直樹被告(43)を診察していないのに診断書1通を作成し、山本被告に渡したとしている。

 山本被告は、この診断書を勤務先に提出したという。医師法では医師が自ら診察をしないで診断書を交付することを禁じている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ