民家に高齢夫婦遺体 東京・練馬

 東京都練馬区大泉町の民家で14日午後4時50分ごろ、「父と母が亡くなっている」と119番通報があった。警視庁石神井署員が駆け付けたところ、この家に住む無職、増田真一さん(78)と妻の敏子さん(72)が1階の居間で死亡しているのが見つかった。死後2、3日が経過しているとみられ、同署は死因などを調べている。

 同署によると、敏子さんはひものようなもので首をつった状態で見つかり、真一さんは床にあおむけに倒れた状態で、顔に鬱血(うっけつ)がみられたが、首に絞められたような跡はなかった。発見時、玄関は鍵がかかった状態で、荒らされたり争ったりした形跡はないという。

 真一さんと敏子さんは2人暮らし。別居している長男が定期的に様子を見に来ており、同日、2人の遺体を発見し、通報した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ