カプコン、1万6千人分の個人情報流出確認

 ゲームソフト大手「カプコン」(大阪市)が昨年、サイバー攻撃を受け内部情報などがインターネットに流出した問題で、同社は12日、実際に流出が確認された個人情報が前回発表時の9人分から1万6415人分に増えたと明らかにした。現在のところ、流出した個人情報を悪用した被害などは確認していないという。

 同社によると、新たに採用応募者約5万8千人分の氏名や住所、電話番号などが流出した可能性があると判明。採用応募者については、これまでにも約12万5千人分の流出の可能性が確認されていた。

 同社は昨年11月16日、採用応募者のほか顧客、従業員、取引先なども含め全体で約35万人分の個人情報が流出した可能性があると発表していたが、北米での約1万8千人分は調査で流出の可能性が認められず除外し、今回で総数は約39万人分となった。

 顧客のクレジットカードに関する情報はECサイトの決済を外部委託しており流出はないという。

 情報流出に関する問い合わせ窓口は0120・896680。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ