阪神大震災追悼の文字 「がんばろう1・17」に

 神戸市中央区の東遊園地で17日に開催する阪神大震災の犠牲者追悼行事「1・17のつどい」で、竹灯籠と紙灯籠を並べてつくる文字について、実行委員会は12日、「がんばろう1・17」に決定したと発表した。また今年は新型コロナウイルスの感染拡大を踏まえ、来場者が分散して追悼できるよう配慮。発生時刻の17日午前5時46分を挟み、前日の16日夕から17日夜まで継続的にともす。

 一般公募で集まった46件を参考に、復興当初からの合言葉「がんばろう神戸」にちなんで文字を決めた。「がんばろう」の部分はメッセージがつづられた紙灯籠で、「1・17」の部分は竹灯籠でそれぞれつくる。紙灯籠は約8千枚、竹灯籠は約2500本を用意した。

 実行委の藤本真一委員長は「震災を経験した神戸が一歩踏み出す原動力となった合言葉を再びよみがえらせ、震災の記憶を継承するとともに、コロナ禍を乗り越えるメッセージとして発信したい」と話した。

 文字の公募は今回が6回目。昨年は「きざむ」、一昨年は「つなぐ」だった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ