5G営業秘密持ち出しか ソフトバンク元社員を逮捕 楽天モバイルに転職

 大手通信会社「ソフトバンク」の第5世代(5G)移動通信システムの基地局設備などの営業秘密を不正に得たとして、警視庁生活経済課と愛宕署は12日、不正競争防止法違反(営業秘密領得)の疑いで、横浜市鶴見区仲通、元同社社員、合場邦章容疑者(45)を逮捕した。警視庁は認否を明らかにしていない。合場容疑者は犯行直後、ライバル会社の楽天モバイルに転職していた。

 逮捕容疑は令和元年12月31日、自宅のパソコンからソフトバンクのサーバーにアクセスし、5Gの基地局などの技術情報のファイルをメールに添付して自分に送るなど、不正に営業秘密を持ち出したとしている。

 生活経済課によると、合場容疑者は平成16年7月から令和元年12月31日までソフトバンクに勤務。その後2年1月1日に楽天モバイルに転職していた。

 持ち出されたとされる情報は、ソフトバンクによると、4Gと5Gの基地局設備などに関する技術情報だったという。合場容疑者は通信ネットワークの構築に関わる業務に携わっており、そうした技術情報にアクセスできる立場だった。

 3月にソフトバンクから警視庁に相談があり、持ち出しが発覚。生活経済課は合場容疑者が、ほかにも複数の情報を持ち出した可能性があるとみており、情報取得の動機や用途を慎重に調べている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ