「中傷する前に考えて」SNS誹謗後に死去 木村花さん母親の思い

 フジテレビのリアリティー番組「テラスハウス」に出演したプロレスラー、木村花さん=当時(22)=が昨年5月、会員制交流サイト(SNS)で誹謗(ひぼう)中傷された後に亡くなった問題で、母親で元プロレスラーの響子さん(43)が産経新聞の取材に応じ、心境を語った。「誹謗中傷は犯罪。中傷する前にしっかり考えてほしい」。娘の名誉回復を目指すとともに、同じ悲劇が繰り返されないよう発信を続けている。(王美慧)

「人間と思っていない」

 「花のために闘う」。響子さんは娘の無念を晴らすため、中傷の投稿者に対する

法的措置を検討し、SNS事業者などへの情報開示請求を進めてきた。警視庁は昨年12月、花さんのSNSに悪質な内容を複数回投稿したとして、侮辱容疑で大阪府の20代の男を書類送検したが、響子さんは「罪に問われていない人こそ事件と向き合い、罪を償ってほしい。恋人や守るべき存在ができたとき、自分の過去を恥ずかしく思うときがくる。一人一人に考えてもらいたい」と訴える。

 響子さんとインドネシア人の父親との間に生まれた花さん。幼いころから明るく陽気な性格で、響子さんのプロレスの試合会場にもよく足を運び、周囲にかわいがられた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ