昨年の平均気温、東日本で過去最高 雨量は九州で大幅増加

 気象庁は4日、昨年の日本の天候まとめを発表した。年平均気温は全国的に高く、特に東日本では平年値(平成22年までの30年平均)を1・2度上回り、昭和21年の統計開始以来、過去最高を記録した。年降水量も豪雨に見舞われた九州北部で平年値より33%、九州南部で20%多かった。

 気象庁によると、全国の年平均気温は平年値よりも0・95度高く、過去最高を更新した。昨年末に発表していた11月末現在の速報値(1・07度)には達しなかった。

 地域別では東北と関東甲信、東海が平年値より1・2度、北陸は1・1度、北海道と近畿が1・0度それぞれ高く、中国、四国、九州、沖縄・奄美も平年値を上回った。

 年降水量は近畿の太平洋側で平年値より19%、沖縄で18%、山陽で16%、東北日本海側と四国で15%それぞれ多かった。

 また、冬(令和元年12月~2年2月)は冬型の気圧配置が続かなかった影響で東・西日本の平均気温が統計開始以来、最も高くなった。降雪量も少なくなり、北・東日本の日本海側で最も少ない記録を更新した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ