案里被告「私を信じて」無罪主張し結審 判決は1月21日

 昨年7月の参院選広島選挙区をめぐる買収事件で、公選法違反の罪に問われた参院議員、河井案里被告(47)の公判が23日、東京地裁(高橋康明裁判長)で開かれた。案里被告は最終陳述で「みなさまを裏切るようなことはしていない。どうか私を信じていただきたい」と無罪を訴え、結審した。判決は来年1月21日。

 弁護側は、地元議員らに対し案里被告が手渡すなどしたとされる現金の趣旨について、「陣中見舞い、または当選祝いで、買収の意図はない」と指摘。地元議員らが刑事処分されていない中で証言していることなどから「信用性については慎重な吟味が必要。責任転嫁の虚偽証言をする可能性がある」と述べた。

 案里被告は「恩義のある先生方の買収など断じてしていない」と主張した。

 起訴状によると、案里被告は昨年3~6月、夫で元法相の衆院議員、克行被告(57)=同罪で公判中=と共謀し、地元議員5人に現金計170万円を供与したとしている。検察側は「民主政治の根幹を危うくする前代未聞の犯行」として懲役1年6月を求刑している。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ