伊勢谷友介被告に執行猶予付き有罪判決 自宅で大麻所持

 東京都目黒区の自宅で大麻を所持したとして、大麻取締法違反(所持)罪に問われた俳優、伊勢谷友介被告(44)の判決公判が22日、東京地裁で開かれ、村田千香子裁判官は懲役1年、執行猶予3年(求刑懲役1年)を言い渡した。

 伊勢谷被告は今月1日の初公判で起訴内容を認め、「多くの方を裏切ってしまい申し訳ない」と謝罪。弁護側は執行猶予付きの判決を求め、即日結審していた。

 判決によると、9月8日に自宅で乾燥大麻4袋(計約13・17グラム)を所持した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ