案里被告に懲役1年6月求刑 検察「民主主義揺るがす」

 昨年7月の参院選広島選挙区をめぐる買収事件で、公選法違反の罪に問われた参院議員、河井案里被告(47)の論告求刑公判が15日、東京地裁(高橋康明裁判長)で開かれ、検察側は「民主主義の根幹を揺るがす前代未聞の悪質な犯罪だ」として懲役1年6月を求刑した。案里被告は一貫して無罪を主張している。23日に弁護側が最終弁論して結審し、年明けにも判決が言い渡される見通し。

 案里被告は、夫で元法相の衆院議員、克行被告(57)=同法違反罪で公判中=と共謀し、地元議員5人に170万円を供与したとして起訴された。

 これまでの公判で、現金の趣旨は「広島県議選の当選祝いや陣中見舞い」と述べ、買収の意図を否定した。議員5人のうち1人の授受には関与していないとした。一方、地元議員らは受領を認め「集票依頼だと思った」などと証言した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ