「ブレーキランプつかず」 池袋死亡事故、目撃者証言

 東京・池袋で昨年4月、乗用車が暴走して通行人を次々とはね、松永真菜さん=当時(31)=と長女の莉子ちゃん=同(3)=が死亡した事故で、自動車運転処罰法違反(過失致死傷)の罪に問われた旧通産省工業技術院の元院長、飯塚幸三被告(89)の公判が3日、東京地裁で開かれた。別の車を運転し、事故を目撃した男性が証人として出廷し「(被告の車は)ブレーキランプがついていなかった」と証言した。

 男性は飯塚被告の車が猛スピードで追い抜いていったと説明し「危ないと思った。横断歩道でも止まる気配がなかった」と話した。

 飯塚被告は10月の初公判で「アクセルペダルを踏み続けたことはないと記憶している。車に何らかの異常が発生し、暴走した」と話し、無罪を主張している。

 起訴状によると、昨年4月19日昼すぎ、東京都豊島区東池袋の横断歩道を自転車で渡っていた2人を乗用車ではねて死亡させ、助手席の妻を含む当時2~90歳の男女9人に重軽傷を負わせたとしている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ