袋に石入れ殴打か…路上トラブルの説明も 渋谷の女性暴行死

 東京都渋谷区の路上で住所不定、職業不詳の大林三佐子さん(64)が頭を殴られ死亡した事件で、傷害致死容疑で逮捕された同区笹塚の職業不詳、吉田和人容疑者(46)が「石を袋に入れ殴った」という趣旨の供述をしていることが22日、捜査関係者への取材で分かった。事件前日には現場周辺で路上生活していたとみられる大林さんとトラブルになったと説明していることも新たに判明。警視庁捜査1課は経緯などの裏付けを進めている。

 事件は16日早朝に発生。大林さんは同区幡ケ谷のバス停のベンチで頭部を殴られ死亡した。吉田容疑者はレジ袋で何かを包み、背後から殴打した疑いがあるが、捜査関係者によると、袋の中身について「ペットボトルを入れていたが、半分飲んでしまい、近くの大きめの石をおもりにした」と供述している。

 また事件前日には大林さんとトラブルになったと説明し「現金を支払う代わりにベンチから移動するよう求めたが、応じなかったので腹が立って殴った」と話しているという。

 吉田容疑者の自宅は現場から約1キロで21日、近くの交番に母親とともに出頭した。捜査1課は22日、吉田容疑者を送検した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ