門松、熊手、クリスマスツリー…「みかじめで購入」は業者にも罰則、都改正暴排条例で“悪習”打破

 新型コロナウイルスの感染が拡大する中、大きな影響を受けた飲食店などでは新たな思いで、正月飾りの準備を考える時期を迎えている。警視庁は10月、東京・渋谷の業者に門松を購入させ、実質的な「みかじめ料」を得たとして、暴力団幹部らを摘発した。正月飾りのほかクリスマスツリーなども縄張り内の店に買わせ、資金を得る手法は慣習化し、都内の繁華街にはびこっている可能性があるという。新型コロナの影響で資金難に陥る組もある中、警視庁は「古くからの資金源も断ち、さらに追い詰めていく」と厳しい姿勢で臨む。

■「よろしく」の意図

 「今年も注文するんで、よろしくね」。昨年11月、渋谷区道玄坂の老舗ストリップ劇場前で、暴力団組員の男が70代の男性店員にこう話しかけていた。

 組員が店側に伝えた「よろしく」の意図は、門松の購入の要求。専門業者に注文した門松を劇場側に高値で売りつけ、組の縄張り内で営業を認める対償にあたる「みかじめ料」を得る-という構図だ。

 警視庁組織犯罪対策3課は今年10月、摘発に乗り出す。都暴力団排除条例違反容疑で劇場側に門松の購入を持ち掛けた指定暴力団稲川会系組員の男(52)ら3人を逮捕した。

 男は、別の同組員の男(62)とともに、購入の持ち掛けから約1カ月後の昨年12月、再び店を訪れ、約3万円で入手した門松1対を8万円で購入させた疑いが持たれていた。

 差額にして約5万円。組対3課はこれをみかじめ料と認定、指示役として同組幹部の男(53)も逮捕した。52歳の男は「門松は組の資金源だった」と認めたが、伊佐容疑者と東容疑者はいずれも否認した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ