「あなたは知らない方がいい」案里被告証言 克行被告が違法性認識か

 昨年7月の参院選広島選挙区をめぐる買収事件で、公選法違反の罪に問われた参院議員、河井案里被告(47)の公判が17日、東京地裁(高橋康明裁判長)で開かれた。案里被告は弁護側の被告人質問で、夫で元法相の衆院議員、克行被告(57)=同法違反罪で公判中=に逮捕前、夫妻が地元議員らに2千万円超を提供したとする買収疑惑報道について尋ねた際、「あなたは知らない方がいいと言われた」と明かした。

 案里被告は「主人の口ぶりから間違ったお金なんじゃないかと思った」と涙ながらに証言。「私の選挙なんだから私が知る義務がある」と食い下がったが、克行被告は「知らない方がいい」と答えなかったとし、克行被告が違法性を認識していた可能性を示唆した。

 そのほか、奥原信也広島県議に提供したとされる50万円については「(県議選当選の)お祝いと、これまでご指導いただいたことへのお礼」と買収の趣旨を否定。同県江田島市の胡子(えびす)雅信市議に秘書を通じて渡したとされる現金10万円は「まったく寝耳に水で知らなかった」とした。議員らに渡した現金の原資は「タンス預金」としている。

 この日は検察側の被告人質問も行われ、案里被告は県議だった昨年3月時点で同じ会派に所属する県議4人のうち、1人にしか現金を提供していないと説明。検察官から「同会派(の県議)に渡す方が自然ではないか」と問われたが、「(県議に)復帰したときは同じ会派だ」などと正面から答えるのを避けた。一方で、質問に対して「記憶にない」「覚えていない」と繰り返す場面も見られた。

 案里被告の公判は20日も開かれ、検察側の質問が続く予定。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ