案里議員初の被告人質問(1)現金渡した県議らに「感謝しています」 

 《昨年7月の参院選広島選挙区をめぐる買収事件で、公選法違反の罪に問われた参院議員、河井案里被告(47)の公判が13日、東京地裁(高橋康明裁判長)で開かれ、弁護側による案里被告の被告人質問が行われた。事件について自ら説明するのは、8月25日の初公判以来。案里被告は前回の公判に続いて黒いジャケットの左胸に議員バッジをつけ、ロングスカート姿で証言台に座った》

 弁護人「参院選広島選挙区のことなどについて質問する。広島県政の状況なども。県議会の構成は」

 《弁護人は案里被告が当選した昨年の参院選について、その前提となった広島県内の政治状況から確認していく。案里被告は弁護人の方に顔を向けながら質問を聞き、落ち着いたトーンで説明を始めた》

 案里被告「平成15年に(県議選に)初当選した際、議長選をめぐって自民党が分裂しました。(案里被告が所属していた)自民会から抜けた先生が、民主会派・公明会派と一緒になって知事与党を形成しました」

 弁護人「知事与党とは県議会では会派が分かれた」

 案里被告「知事与党と、それ以外の自民会派、共産会派でした」

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ