妻と目合わせず検察官揶揄も 克行被告、1カ月ぶりの法廷 

 昨年7月の参院選広島選挙区をめぐる買収事件で、公選法違反の罪に問われた参院議員、河井案里被告(47)の公判が22日、東京地裁(高橋康明裁判長)で開かれ、夫で元法相の衆院議員、克行被告(57)が、ノーネクタイのスーツ姿で約1カ月ぶりに法廷に現れた。検察側の尋問に「漠然として意味が分からない」「印象を操作しようとしている」などと言って答えようとせず、何度も大声で裁判長に呼びかけ、証言を拒否し続けた克行被告。先に入廷していた妻の案里被告は終始伏し目がちで、克行被告と目を合わせようとしなかった。

 尋問は休廷を挟んで3時間近くに及び、最初は硬かった克行被告の口調も次第にくだけた感じに。夫妻の現金提供先を示すとされる「買収リスト」の手書きメモについて検察官が質問すると、「よく読めましたね」などと揶揄(やゆ)。メモにあった夫妻の呼び名を確認した際には、「まじめな質問ですね?」と聞き返した。

 裁判長から閉廷を告げられると、被告人席の案里被告には目を向けることなく、法廷の時計を確認する素振りをしてそのまま退廷した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ