何語る? 克行被告、22日から尋問 受領議員や秘書と主張相いれず

 昨年7月の参院選広島選挙区をめぐる買収事件で、公選法違反の罪に問われた参院議員、河井案里被告(47)の公判に、夫で元法相の衆院議員、克行被告(57)が22日から証人として出廷する。これまでの公判で現金を受領した議員や秘書ら陣営スタッフの大半が、「買収の意図を感じた」「克行被告に指示され公示前に投票依頼をした」などと、夫妻の主張と相いれない証言をしている。弁護人を解任して1カ月以上も法廷から姿を消していた克行被告が再び何を語るのか、注目が集まる。

 ■受領者は趣旨認め

 夫妻の公判は東京地裁で8月25日に始まり、当初は夫妻を同時に審理。139人の証人尋問が見込まれ、12月まで期日が指定されていた。しかし、克行被告が9月15日の公判終了後に弁護人6人全員を解任したことで審理が継続できなくなり、案里被告の公判だけが進行している。夫妻は現金を渡したことはおおむね認めた上で、参院選の買収目的とされた現金の趣旨について「日ごろの党勢拡大などの政治活動だった」などと無罪を主張している。

 案里被告は広島県議ら地元議員5人に克行被告と共謀して現金計170万円を渡したなどとして起訴された。議員5人の証人尋問は今月5日までに終わったが、うち4人が「参院選で応援してほしいという趣旨だと思った」などと証言し、買収されたとの認識を示した。岡崎哲夫県議(65)は受領した現金30万円の趣旨を「(自分の)当選祝いだと思った」とする一方、「(参院選の)支援依頼との趣旨もあったかもしれない」とも話しており、夫妻にとって厳しい状況が続く。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ