東京・調布の住宅街で道路陥没 外環道工事との関連調査

 18日午後0時15分ごろ、東京都調布市東つつじケ丘の住宅街で「道路が陥没している」と近隣住民から110番通報があった。警視庁調布署員が駆けつけると、幅5メートル、長さ2メートル、深さ5メートルほどの穴が開いていた。付近では東京外かく環状道路(外環道)の地下トンネルを掘る工事が行われており、東日本高速道路(ネクスコ東日本)などが関連を調査している。けが人などは確認されていない。

 ネクスコ東日本によると、周囲の地下約40メートルで東名高速道路と関越自動車道をつなぐ外環道の地下トンネル掘削工事が行われている。直近では、17日に作業が行われていたという。

 同社の担当者は「工事との因果関係は不明だが、有識者会議を開くなどして原因究明を急ぐ」と話した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ