全国初の「レクサス」パトカー 注目生かし交通事故抑止へ 栃木県警

【深層リポート】

 トヨタ自動車の高級車「レクサス」が、全国で初めてパトカーとして栃木県警に採用され、注目を集めている。県内在住の男性が寄贈して実現。車体を白と黒に塗り分け内部もパトカー仕様に改造されたが、「L」のエンブレムはそのままだ。県警は高い走行性能を生かすため交通機動隊へ配備、取り締まりに当たるほか、交通事故防止の広報活動も担う。県内の交通事故死者数は減少傾向にあるが、レクサスパトカーはさらなる事故抑止を実現できるのか。

 ■滑らか発進、評判上々

 配備されたのはスポーツタイプの「レクサスLC500」。全長約4・8メートル、幅約1・9メートル、高さ約1・4メートルで、排気量は4・968リットル。価格は、パトカーへの改造費も含めて約1700万円だ。

 寄贈したのは、同県栃木市都賀町の会社役員、中村和男さん(67)。「交通事故の防止に役立ててほしい」と昨年7月に県警へ申し出があり実現した。県警によると、覆面パトカーを除く「白黒のパトカー」にレクサスの車両が使用されるのは全国初だという。

 9月に交通機動隊に配備され、高速道路を除いた県内全域の一般道でパトロールや取り締まりにあたっている。

 配備から数週間がたち、隊員からの評判は上々だ。同車を運転している同隊の長竹哲也巡査長(26)は「発進と加速がとても滑らか。内装も高級感があり、乗り心地がいい」と話す。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ