小6が大麻吸引も 若者に広がる薬物、断れる子にするには?

 厚労省は、薬物乱用防止啓発訪問事業の一環として、全国の小学校、中学校、高校などで薬物乱用に関する訪問講義、薬物乱用防止読本の配布、SNSなどを使った情報発信をしている。それ以外にも、薬物乱用防止指導員として活動している人のための研修なども行っている。そして10月からは、同事業のイメージキャラクターとして、『ゆめきち』という猫キャラが決定。イラストを描いたのは、女性セブンで好評連載中の『トラとミケ』で知られる漫画家・ねこまきさんだ。薬物とは大きくかけ離れた、可愛らしくほんわかしたイメージのキャラで、起用にあたっては親しみやすさを重視したという。

 「子供たちにも安心感を与えられるイラストだと思います。まずはみなさんに親しんでもらうことで、薬物乱用の危険性や自分の身の守り方を考えるきっかけにしてほしいと考えています」

 先述の通り、薬物乱用の原因の1つには心の問題がある。私たちには、安心して自分の気持ちを吐きだせる居場所が必要だ。それを受け入れてくれる場所が家庭になかったとしても、社会にはある。そんなメッセージを、広く伝えていきたいという思いも込められている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ