小6が大麻吸引も 若者に広がる薬物、断れる子にするには?

 大麻や麻薬、覚せい剤など違法薬物にまつわる検挙者が後を絶たない。昨年から今年にかけても大物芸能人が次々逮捕され、世間を騒がせている。実はその裏で、中学生や高校生など未成年の検挙者もじわじわと増えている。なぜ、未成年者に薬物が広がっているのか。

 警察庁のデータによれば、薬物全体の検挙者数は人口減少も影響して一見減っている。だが種類別にみると、大麻や麻薬による検挙者数は増加。例えば大麻は、2019年は過去最多だった前年を上回り、4321人にのぼった。さらに年齢別にみると、未成年の検挙者数は2015年では144人だったのが、2019年では609人と、この5年で4倍以上に増えている。

 「未成年においては、昨年度は高校生だけでも100人以上検挙されています。一方、小学生の検挙者も出てきています。2015年11月には、京都市内の小学6年生が、兄が隠し持っていた大麻草を見つけて吸引するという事件がありました。我々としては、若年層の薬物問題も深刻化していると感じています」(厚生労働省監視指導・麻薬対策課・以下同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ