警視庁機動隊員が拳銃への弾込め中に誤射 けが人なし 

 警視庁警備1課は15日、東京・新宿の機動隊施設内で拳銃の訓練に参加していた第4機動隊の男性巡査(23)が、訓練終了後に拳銃の操作を誤り、実弾1発を発射したと発表した。弾は室内のロッカーに当たったが、男性巡査や、参加していた別の隊員らにけがはなかった。

 同課によると、訓練は15日午後から、新宿区若松町の第8機動隊の施設で実施された。弾を抜いた状態の自動式拳銃を使い、構え方などを練習。終了後の同2時20分ごろ、巡査が勤務に戻るために弾を込めていた際、誤って引き金を引いたとみられる。

 同課の野田哲之課長は「拳銃を暴発させたことは遺憾。今後、適正な取り扱いについて指導を徹底し、再発防止に努める」としている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ