落とし物のSuicaで買い物 178枚着服の駅員解雇

 埼玉高速鉄道は9日、落とし物として警察に届けた後、還付を受けて保管中のSuica(スイカ)などICカード計178枚を、20代の男性駅員が着服し使用していたと発表した。被害は約32万円相当で、駅員は社内調査に「スーパーやコンビニで食品や飲料を買った」と説明。同社は9日付で懲戒解雇とした。

 同社によると、ICカードは電車内や駅構内で拾得されたもの。同社が警察に届けた後、3カ月経過しても持ち主が現れず、遺失物法に基づいて還付を受け、浦和美園駅(さいたま市)構内のロッカーに保管していた。

 駅員は9~10月、2回にわたり「還付品を整理する」と上司からロッカーの鍵を借りてカードを持ち出し、使用後に破棄。同僚がロッカーを整理した際、カードが減っていることに気付き発覚したという。

 同社は「保管体制を見直すなど、再発防止策を検討する」とコメント。駅員が被害額を弁済したため、刑事告訴は見送る方針。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ