池袋暴走母子死亡事故 初公判詳報(2)車線変更を繰り返し加速 被害者ら「厳重な処罰を」

 《東京・池袋で昨年4月、乗用車が暴走して母子が死亡し、10人が重軽傷を負った事故で、自動車運転処罰法違反(過失致死傷)の罪に問われた旧通産省工業技術院の元院長、飯塚幸三被告(89)の初公判が続いている》

 《飯塚被告は事故で亡くなった松永真菜(まな)さん=当時(31)=と長女の莉子(りこ)ちゃん=同(3)=の遺族に謝罪を述べた後、起訴内容を否認。その後、検察側の冒頭陳述が始まった。まず、検察官が事故当時の状況を説明した》

 検察官「平成31年4月19日午後0時10分頃、(飯塚被告は)文京区内のレストランで食事をするためプリウスを運転し、妻を助手席に乗せて板橋区内の自宅を出発しました」

 《検察官によると、飯塚被告の車は事故直前、時速60キロで進行中に車線変更を繰り返すと、ブレーキペダルと間違えてアクセルペダルを踏み続けたという》

 《飯塚被告の車は時速84キロまで加速し、横断歩道上の自転車と衝突した。さらに時速96キロまで加速し、交差点入り口の横断歩道で莉子ちゃんを幼児座席に乗せた松永さんの自転車に衝突。2人を跳ね飛ばし、その後も貨物自動車に衝突して横転させるなどして、松永さんと莉子ちゃんを死亡させ、歩行者ら8人と、同乗の妻にけがをさせた》

 《事故当時を思い出しているのだろうか、飯塚被告は車いすに深く腰掛け、じっと一点を見据えている》

 《一方、松永さんの夫の拓也さんは真剣な表情で検察官の話に聞き入り、時折メモを取っていた》

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ