「支援いただきたいと」 案里被告公判で公設第1秘書

 昨年7月の参院選広島選挙区をめぐる買収事件で、公選法違反の罪に問われた参院議員、河井案里被告(47)の公判が7日、東京地裁(高橋康明裁判長)で開かれた。案里被告の前田智代栄公設第1秘書が証人として出廷。案里被告の夫で元法相の衆院議員、克行被告(57)から受け取った現金入りの封筒を地元議員に渡したと認め、「支援をいただきたいという気持ちだと思った」と述べた。

 現金を受け取ったのは、広島県江田島市の胡子(えびす)雅信市議(50)。前田秘書は昨年6月、胡子市議側が案里被告を招いたカラオケ大会の会場で、「河井からです」と胡子市議に現金が入った封筒を渡したと説明した。「河井」は克行、案里両被告を指すとした。

 胡子市議は5日の公判で前田秘書から現金10万円が入った封筒を受け取ったと認めた上で、「地元行事に紹介したことへのお礼と、投票を呼び掛ける趣旨だと思った」と証言していた。

 案里被告の弁護人は7日、東京地裁に4回目の保釈請求をした。案里被告が現金提供に関与したとされる5人の地元議員に関わる証人尋問が終わったことを考慮したとみられる。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ