ヤマト死傷事件 元従業員男を殺人未遂容疑で再逮捕

 神戸市北区のヤマト運輸集配所で従業員の男女2人が刃物で刺され死傷した事件で、兵庫県警は7日、男性従業員(60)に対する殺人未遂容疑で、元パート従業員、筧(かけい)真一容疑者(46)=公務執行妨害容疑で逮捕=を再逮捕した。

 再逮捕容疑は6日午前4時20分頃、前日まで勤務していた「神戸北鈴蘭台センター」(同区)に押し入り、男性従業員を刃物で刺して殺害しようとしたとしている。男性は左手の甲を切られ、軽傷を負った。

 男性を襲う前には、パート従業員の広野真由美さん(47)を刃物で刺して死亡させたとみられ、県警は今後、殺人容疑でも調べる。

 捜査関係者によると、筧容疑者は事件前日に、この男性に勤務態度を注意されてトラブルに発展。仲裁に入った広野さんが県警に相談していた。筧容疑者は同日中に退職させられたとみられる。

 これまでの調べに「解雇されて腹が立った」と供述。県警はトラブルを機に職場を追われたことを逆恨みし、2人を狙って犯行に及んだとみて捜査している。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ