頭下げ「申し訳ない」と謝罪 伊勢谷被告を保釈 

 大麻取締法違反(所持)罪で起訴され、保釈決定が出た俳優伊勢谷友介(いせや・ゆうすけ)被告(44)が30日、保証金500万円を納付し、勾留先の警視庁東京湾岸署から保釈された。

 伊勢谷被告は黒色のスーツ姿で同署の正面入り口から姿を現し、「ご迷惑をおかけして申し訳ありませんでした」と述べ約4秒間頭を下げた。集まった報道陣らの呼びかけには答えることなく車に乗り込み立ち去った。

 起訴状によると、8日に東京都目黒区の自宅で乾燥大麻4袋(計約13・17グラム)を所持したとしている。

 警視庁に現行犯逮捕され、29日の起訴後に弁護人が保釈を請求。東京地裁が30日、認める決定を出した。

 捜査関係者によると、大麻の所持は認めたが、入手先は「黙秘する」としていた。尿鑑定では大麻の陽性反応が出たが、大麻取締法には使用罪の規定はない。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ