有名俳優逮捕で再び注目の大麻 低い罪悪感、有害性への認識低く

 若者を中心に広がりをみせる違法薬物の代表格、大麻。人気俳優が所持容疑で逮捕され、改めて注目を集めた。海外では合法な国があることなどから他の薬物に比べて有害性への認識が低いという統計も出ているが、使用すれば記憶や学習能力などに変化が生じ、乱用を続ければ心身に重大な影響が出る。国は注意を呼びかけており、専門家も安易な「容認論」に警鐘を鳴らす。(吉沢智美)

若年層に浸透

 《大麻で人生崩壊するのは難しいと思うけどな。それならお酒の方が簡単だ。》

 自宅で大麻を所持したとして9月8日、大麻取締法違反容疑で警視庁に逮捕された俳優の伊勢谷友介容疑者(44)。平成24年2月、ツイッターにこんな投稿をしていた。

 調べに対し、「リラックスするために吸っていた」と供述した伊勢谷容疑者。自宅からは、約40回分の使用量に当たる約20グラムの乾燥大麻が押収された。警視庁はいつから大麻を使用していたかなどについて捜査しているが、冒頭の発言からは、大麻への心理的な「ハードル」の低さがうかがえる。

 厚生労働省によると、昨年の薬物事犯の摘発者は1万3860人。そのうち大麻事犯は4570人(前年比808人増)と6年連続で増加し、過去最多を更新した。乾燥大麻の押収量も430・1キログラム(同92・8キログラム増)と4年連続で増えている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ