「未熟さや愚かさ」伊勢谷友介容疑者を起訴、おわびコメント発表

 東京地検は29日、自宅で大麻を所持したとして、大麻取締法違反の罪で俳優の伊勢谷友介容疑者(44)を起訴した。

 伊勢谷被告は逮捕後、8日の朝に自宅で1人で大麻を吸ったと供述していた。

 伊勢谷被告は同日、弁護人を通じて「心から深くおわびします。自身のおごり、未熟さや愚かさにより引き起こした事態で、信頼を一日でも早く取り戻せるよう努力していく」とするコメントを発表した。

 コメント全文は以下の通り(原文のまま)。

 このたび私、伊●谷友介の身勝手な行動により、いつも応援してくださるファンの皆様(みなさま)、並(なら)びにご支援くださっているすべての関係者、クライアントの皆様を裏切ることになり、多大なるご心配とご迷惑をおかけしましたこと、心から深くお詫(わ)び申し上げます。

 私は無責任極まりない甘さで、自分をそして自分と一緒に活動してくれている方々を、さらに世間の皆様を裏切ってしまったことを今、留置場において、身体拘束を受けるなかで、噛み締めています。

 すべては私自身の奢り、未熟さや愚かさ、役者、及(およ)び経営者としての責任感の欠如により引き起こした事態です。深く反省すると共に、これまでの身分に甘んじることなく、一社会人として社会的制裁をしっかりと受ける所存であり、失われた皆様のご信頼を一日でも早く取り戻せるよう、努力していく覚悟でおります。

 あらためて、ファンの皆様、関係者の皆様に重ねて心からお詫び申し上げます。

●=生の右に丸、下に力

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ