中国企業側2被告の公判結審 加森観光前会長に有罪判決 IR汚職

 カジノを含む統合型リゾート施設(IR)事業をめぐる汚職事件で、衆院議員の秋元司被告(48)=収賄罪などで起訴=に約76万円相当の賄賂を供与したとして贈賄罪に問われた札幌市の「加森観光」前会長、加森公人被告(77)の判決公判が25日、東京地裁で開かれ、丹羽敏彦裁判長は懲役10月、執行猶予2年(求刑懲役10月)を言い渡した。IR汚職事件での判決は初めて。

 また、秋元被告に総額760万円相当の賄賂を渡したとして同罪などに問われた中国企業「500ドットコム」元顧問の紺野昌彦(49)、仲里勝憲(48)両被告の論告求刑公判も同日開かれ、検察側は紺野被告に懲役2年、仲里被告に同1年10月を求刑。両被告とも起訴内容を認めており、弁護側は執行猶予付き判決を求め、結審した。判決は10月12日。

 加森被告の判決理由で、丹羽裁判長は秋元被告を旅行に招いて「至れり尽くせりの特別待遇」をしたと指摘。弁護側は従属的な立場で罰金刑が相当と主張していたが、「刑事責任は弁護人が主張するほど軽いものとはいえない」とした。

 判決によると、加森被告は紺野、仲里両被告と共謀し、平成30年2月、秋元被告らを北海道留寿都(るすつ)村に招待し、宿泊代など計約76万円相当を負担した。

 秋元被告は収賄罪で起訴され保釈中の今年6~7月、支援者らを通じて紺野、仲里両被告に公判で偽証する見返りに報酬の支払いを持ち掛けたとして、組織犯罪処罰法違反(証人等買収)の罪でも2度起訴された。東京地検は秋元被告の保釈取り消しを地裁に請求している。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ