「酒が残っていると思わなかった」TOKIO山口元メンバーが一転否認

 酒を飲んでバイクを運転したとして道交法違反(酒気帯び運転)容疑で現行犯逮捕され、その後、釈放されたアイドルグループTOKIOの山口達也元メンバー(48)が「(バイク運転時に)酒が残っていると思わなかった」などと一転して容疑を一部否認したことが25日、捜査関係者への取材で分かった。

 警視庁は24日深夜、本人を立ち会わせて自宅マンションを家宅捜索した。釈放後の捜索は異例。捜査関係者によると、東京地裁が東京地検の勾留請求を認めず釈放したため、飲酒量の裏付けを急ぐため捜索に入ったとみられる。

 山口元メンバーは22日午前9時半ごろ、東京都練馬区桜台の路上で、酒気帯びの状態でバイクを運転し、停車中の警視庁の男性警察官(58)が私的に運転していた乗用車に追突。110番通報で駆け付けた警察官が呼気検査を実施したところ、基準値(呼気1リットルあたり0・15ミリグラム)を大幅に上回る0・75ミリグラムのアルコールが検出された。

 追突理由については、山口元メンバーは「クラッチが緩んだため」と説明。事故前日の21日午後9時から3時間ほど飲酒し、「毎晩焼酎を2、3杯飲んでいたが、この日は焼酎をロックで5、6杯飲んだ」と話したという。

 その後、就寝したが、起床後すぐの22日午前9時ごろ、親族宅にプレゼントを届けるためバイクに乗ったとした。警視庁の調べに対し「事故を起こしたら飲酒運転がバレると思ったが、距離が近いので大丈夫だと思った。だるさが残っていた」とも供述。しかし24日に送検した際、検察の調べで一部否認に転じた。

 東京地検は24日、山口元メンバーの勾留を請求したが、東京地裁が却下。地検はこれを不服として準抗告したものの、棄却された。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ