乳児揺さぶり、母親に無罪 「犯罪と証明できず」岐阜地裁

 岐阜県大垣市で平成28年、生後3カ月の長男を揺さぶり、脳に重い後遺症を負わせたとして、傷害罪に問われた母親の浅野明音被告(27)の判決公判で、岐阜地裁(出口博章裁判長)は25日、「犯罪と証明はできない」として無罪を言い渡した。求刑は懲役5年。

 検察側は論告で、長男の急性硬膜下血腫などの症状が「暴力的な揺さぶりなどが原因」と主張。動機は明らかでないとしつつ「長男が泣きやまないなどの事情から犯行に及んだとうかがえる」と指摘した。

 弁護側は「被告が目を離した隙に、長男がソファから落下したことが原因」と反論。症状は低い位置からの落下など、暴力的な揺さぶり以外でも起こり得るとして、無罪を主張した。

 起訴状によると、28年5月24日午前11時45分~午後4時半ごろ、自宅で当時3カ月だった長男(4)の体を激しく揺さぶり、重症心身障害の後遺症を伴う急性硬膜下血腫などのけがを負わせたとしている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ