都民の消防官に5氏

 昼夜を問わず、都民の生命と安全な生活を守るため職務に励む東京消防庁の消防官約1万8600人の中から、特に功績のあった消防官に贈られる「第73回都民の消防官」の受章者が決定した。選考では、東京消防庁が受章候補者10人を推薦。新型コロナウイルス感染拡大防止のため、選考委員会を開かず、委員らがこれまでの優れた実績や人柄などの推薦理由を基に、書類選考で選出した。表彰式は、10月21日に千代田区大手町の大手町サンケイプラザで行われる。

 ■「都民の消防官」協賛団体 三菱地所、東京ガス、サンケイビル、富国生命保険、東京都消防懇話会、東京連合防火協会、東京防災救急協会

 ■選考委員 委員長代行=安達晋・三菱地所管理・技術統括部長▽委員=大橋太郎・東京ガス広報部長、中野秀樹・サンケイビル事業本部ビル営業部長、鬼澤英生・富国生命保険業務部部長、荻原光司・東京都消防懇話会事務局長、田中勝久・東京連合防火協会専務理事、湯浅達也・東京防災救急協会事務局長、伊藤富博・産経新聞社事業本部長、中村将・産経新聞社社会部長

 ◆中野署 松本明彦(まつもと・あきひこ)消防司令補(57)

 特別救助のスペシャリストとして、二次災害が予想されるような危険な現場にも、ためらうことなく飛び込み、命を救う活動を続けてきた。

 今も記憶に鮮明に残る出動の一つが平成2年、板橋区の化学工場で従業員26人が死傷した爆発事故だ。特別救助隊に入って2年目の時だった。工場内の薬品に衝撃を与えると、さらなる爆発の危険もあり、緊張に緊張を強いられた。

 「どこから手をつけていいのか」。途方に暮れる自分を落ち着かせてくれたのは、冷静に淡々と対応する先輩たちの背中だった。「ともすれば、無謀な行動を取っていたかもしれなかった。人を助けるはずの自分たちが絶対にけがをしてはいけない」。そう胸に刻んだ瞬間でもあった。

 それから数々の経験を積み、自分が部隊を率いる立場にもなった。「1人では頑張っても受章はできない。指導してくれた人たちや下から支えてくれた人たちがいたからだ」。感謝を胸に、今日も現場に臨む。

 ◆足立署 大日向良治(おおひなた・りょうじ)消防司令補(57)

 「確実な仕事をするのは当たり前」。昼夜を分かたず人命救助に疾走する。一分一秒を争う場面に知識や技術の全てを注いできた。「消防がやれることは限られている。大切なのは、傷病者だけでなく、家族にも声をかけて安心させること」。現場では「家族の気持ち」になって対応している。

 平成24年、大塚救急隊長として豊島区内の交番に急行。胸の苦しさを訴えた40代男性が、意識障害に陥っていた。現場に向かう途中から警察官に口頭で胸骨圧迫を指示。男性は心肺停止状態だったが、病院到着前に息を吹き返し、数日後には社会復帰を果たした。迅速な指示と確かな連携が実った結果だった。

 これまでの出動件数は約2万8千件にも上る。東京消防庁から、豊富な経験や知識を持った救急救命士「救急スペシャリスト」に認定されている。

 これからは経験の伝承が使命だ。「周りの信頼があって、ここまでこられた。いままで通り勉強や努力を続け、部下にも指導していきたい」と話した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ