劣悪下でヤギ40匹飼育疑い 震災ボランティアの男逮捕

 ヤギ約40匹を劣悪な環境で飼育し虐待したとして、宮城県警は24日、動物愛護法違反の疑いで住所不定、無職、池田直樹容疑者(55)を逮捕した。亘理署によると、容疑者は東日本大震災の被災地、宮城県亘理町に移住。かつてはヤギを連れて小学校などを訪れるアニマルセラピーのボランティア活動に取り組んでいたという。

 逮捕容疑は24日午前7時15分ごろ、亘理町の畑にあるビニールハウスで、ふん尿が堆積する中、ヤギを飼育したとしている。「虐待に当たるとは思わなかった」と容疑を一部否認している。

 ビニールハウスは縦20メートル、横4メートルの80平方メートル。約1メートル堆積したふん尿の上ではヤギの他に、予防接種を受けていない犬約40匹も一緒に飼われており、亘理署は狂犬病予防法違反の疑いもあるとみて調べる。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ