「議長室で20万円」元市会議長が元法相から受領と証言 河井案里被告公判  

 昨年7月の参院選広島選挙区をめぐる買収事件で、公選法違反の罪に問われた参院議員、河井案里被告(47)の公判が24日、東京地裁(高橋康明裁判長)で開かれた。証人として広島県安芸高田市議会の先川和幸前議長(73)が出廷。案里被告の夫で元法相の衆院議員、克行被告(57)から市議会議長室で現金20万円を受け取ったと認め、「克行被告は突然、胸ポケットから(現金入りの)白い封筒を取り出した」と証言した。

 すでに現金受領を認めていた先川前議長は、7月に議員を辞職している。

 先川前議長によると、昨年3月27日、克行被告が議長室を訪問。案里被告への支援を呼びかけるなどした後、胸ポケットから白い封筒を取り出し、「『これを』と言って差し出した」という。「違法な金と分かっていた」とした上で、検察側から返金しなかった理由を問われると、「議会があったので市議がたくさんいた。その場で返せば角が立つ」などと振り返った。

 この日は別の2議員も出廷したが、いずれも案里被告の起訴内容に含まれておらず、弁護側は尋問を行わなかった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ