検察側、死刑相当と主張 新潟女児殺害控訴審

 新潟市で平成30年、下校途中の小学2年の女児=当時(7)=が殺害された事件で殺人や強制わいせつ致死などの罪に問われ、一審、新潟地裁の裁判員裁判で無期懲役の判決を受けた小林遼被告(26)の控訴審初公判が24日、東京高裁(大善文男裁判長)で開かれた。検察側は「一審は量刑が著しく軽く不当で、破棄を免れない」とし、改めて死刑とするよう求めた。

 公判で検察側は、被告が少なくとも5分以上首を絞めて女児を殺害したと指摘。一審が殺害の計画性を否定した点については、事実誤認があると主張した。

 一方、弁護側は「殺意やわいせつ行為はなく、傷害致死罪にとどまる」とし、有期刑とすべきだとした。

 昨年12月の一審判決によると、18年5月7日、新潟市西区の路上で下校途中の女児に車をぶつけて連れ去り、車内でわいせつな行為をした後、首を絞め殺害。同日夜、遺体を列車にひかせて損壊するなどした。

 一審判決を不服とし、弁護側、検察側双方が控訴した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ