爆破予告で千葉大授業中止 学生ら立ち入り禁止に

 千葉大(千葉市)は24日までに、爆破予告メールが届いたとして、予告された25日に全てのキャンパスや施設で授業を取りやめ、学生らの立ち入りを禁止することを決めた。医学部付属病院での診療業務は通常通り行う。

 千葉大によると、19日に「25日12時8分に、主要建造物18カ所を爆破する」との内容のメールが届いた。大学は千葉県警と連携し、構内の巡回など警備を強化。現時点で不審物は見つかっていないが、念のため授業の中止と学内への立ち入り禁止措置を決めた。付属の幼稚園や小中学校も対象で、教職員の勤務は必要最小限とする。

 爆破予告メールは全国の自治体や学校に相次ぎ届いている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ