福井で高2女子殺害疑いの祖父を鑑定留置

 福井市の住宅で高校2年の冨沢友美さん(16)を殺害したとして、殺人の疑いで逮捕、送検された同居の祖父、進容疑者(86)について、福井地検が鑑定留置を請求し、認められたことが24日、捜査関係者への取材で分かった。

 高齢であることに加え、事件時に飲酒していたとみられることから、刑事責任能力の有無や程度を慎重に調べる必要があると判断した。

 進容疑者は今月9日、福井市黒丸城町の自宅で、2人で住む友美さんの上半身を刃物で複数回刺して殺害したとして、10日に逮捕された。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ