高松2女児放置死で母起訴 保護責任者遺棄致死罪

 高松市で乗用車内に置き去りにされた女児2人が熱中症で死亡した事件で、高松地検は24日、保護責任者遺棄致死の罪で、母親の無職、竹内麻理亜容疑者(26)=同市=を起訴した。

 起訴状によると、竹内被告は今月2日午後9時15分ごろから3日午後0時20分ごろまでの間、高松市内の駐車場に止めた車に女児2人を置き去りにし、死亡させたとしている。

 香川県警によると、死亡したのは長女の真友理ちゃん(6)と次女の友理恵ちゃん(3)。竹内被告は2人を車に残し、繁華街で3軒の飲食店をはしごして夜通し飲酒するなどしたことを認めている。3軒目のバーを出た後、知人男性宅で過ごし、3日昼に車に戻って119番した。県警は4日に逮捕、5日に送検した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ