福岡の女性客殺害事件、15歳少年を鑑定留置

 福岡市中央区の商業施設で女性客(21)が包丁で切り付けられ、殺害された事件で、福岡地検が殺人容疑で再逮捕された少年(15)を精神鑑定するための鑑定留置を裁判所に請求し、認められたことが24日、関係者への取材で分かった。期間は翌25日から12月21日までの約3カ月の予定。刑事責任能力の有無などを調べる。

 捜査関係者によると、少年と女性客は面識がなかった。少年は「わいせつ目的で近づいた。騒がれたので刺した」という趣旨の供述をしたが変遷がみられる部分もあることなどから地検は精神鑑定をする必要があると判断したとみられる。

 事件は8月28日午後7時半ごろ、中央区の「マークイズ福岡ももち」1階の女子トイレで発生。少年は包丁を所持したとして、銃刀法違反容疑で現行犯逮捕され、今月9日に女性への殺人容疑で再逮捕された。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ