ガス検針装い2人組が強盗 住人縛り現金奪う 東京・足立 都内、神奈川で相次ぐ

 23日午後5時ごろ、東京都足立区花畑の集合住宅の一室で、「ガスの検針で来たという男2人に強盗に入られた」などと住人の男性から110番通報があった。警視庁竹の塚署によると、この部屋に1人で暮らす70代の男性宅に男2人が押し入り、男性を粘着テープで緊縛。財布から現金約30万円を奪って逃走した。男性にけがはなく、同署が強盗事件として捜査している。

 同署によると、男らのうち1人は20代くらい、もう1人は30代くらい。いずれも灰色の作業着姿で黒色のマスクを着用していた。同日午後3時半ごろに男性宅を訪れ、「ガスの検針です。部屋の中のブレーカーも見せてください」などと言って室内に入ってきたという。

 男性は両手両足をテープで縛られたが、男らが立ち去ったあとに自力で外し、近くの公衆電話から通報した。

 都内では今月20日に東村山市の民家でもガス検針を装った男2人による強盗致傷事件があったほか、横浜市や川崎市などでも8~9月に同種手口の強盗事件が起きている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ