木更津市議殺害の罪認める 娘婿、初公判で

 千葉県木更津市で昨年3月、市議、石川哲久さん=当時(71)=が殺害された事件で、殺人や住居侵入などの罪に問われた娘婿の祥一被告(45)の裁判員裁判初公判が23日、千葉地裁(平塚浩司裁判長)で開かれ、被告は「間違いありません」と起訴内容を認めた。

 冒頭陳述で検察側は、「哲久さんの後継者となるため会社員を辞め議員を目指したが、思い通りに行かずイライラを募らせた。妻に離婚を切り出され、今回の事件を起こした」と指摘。弁護側は「出馬や離婚を巡る問題でうつ病が悪化した。凶器を奪おうとした哲久さんにつかみかかられ、恐怖で攻撃を続けた」と主張した。

 起訴状によると、昨年3月9日夜、無施錠だった哲久さんの自宅マンションに侵入し、頭部をハンマーで何度も殴打し、胸を包丁で複数回刺すなどして殺害したとしている。

 事件後の昨年4月、哲久さんの妻富美代さん(65)が後継出馬し、初当選した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ