観光地で火災 兼六園隣の飲食店と伊香保温泉の休業ホテル

 21日午後3時ごろ、金沢市兼六町の飲食店「さくら茶屋」で、煙が出ていると警備会社から119番通報があった。市消防などによると、国の特別名勝、兼六園と道を挟んで隣接しているが、兼六園に被害はなかった。火は約1時間後に消し止められ、飲食店の従業員や客は避難して無事だった。金沢中署と兼六園は、観光客の誘導や注意喚起をした。

 群馬県渋川市の伊香保温泉でも21日午後3時5分ごろ、「建物から白い煙が出ている」と近所の住民から119番通報があった。火が出たのは、平成24年2月から休館していた8階建ての「油屋旅館ホテル紅葉」。県警や消防によると、ホテルとこの建物の西側に位置する飲食店などが入った木造3階建てのビル計約2780平方メートルが全焼、約6時間半後に鎮火した。県警は付近のホテルや商店街に避難を呼びかけた。けが人は確認されていない。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ