酒気帯び疑いで沖縄の米兵逮捕 「酒飲んで騒いでいる」通報後、車で走り去る

 沖縄県警嘉手納署は20日、道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで、米陸軍トリイ通信施設(沖縄県読谷村)所属の3等軍曹、マーク・チャールズ容疑者(31)を現行犯逮捕した。同署によると「酒は飲んでいない」と容疑を否認している。

 逮捕容疑は20日午前0時ごろ、読谷村の村道で酒気を帯びた状態で乗用車を運転したとしている。

 署によると「ペンションで酒を飲んで騒いでいる」と110番通報があり、駆け付けた嘉手納署員がペンション近くから走り去る車を目撃。追い掛けて職務質問した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ