女子高校生襲った疑い 宇都宮、23歳男を逮捕

 宇都宮市内の駅公衆トイレで女子高校生(16)が男に襲われた事件で、栃木県警は19日、強盗致傷の疑いで、宇都宮市平出町、会社員、根本達也容疑者(23)を逮捕した。県警によると、根本容疑者は自首したものの、逮捕の際には「金品を取るつもりはなかった」と容疑を否認。その後は黙秘しているという。

 逮捕容疑は17日午前8時20分ごろ、JR岡本駅西口のトイレで、生徒にカッターナイフを突き付けて「金目の物を出せ」などと脅し、抵抗した生徒の右手にけがを負わせたとしている。

 県警によると、根本容疑者は19日午前1時50分ごろ、宇都宮東署に自首。供述に基づき、凶器とみられるカッターナイフも押収したという。現場付近の防犯カメラには逃走する男の姿が写っており、県警は映像を公開して行方を追っていた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ