河井克行被告の公判期日、来週の2回分も取り消し 東京地裁

 昨年7月の参院選広島選挙区をめぐる買収事件で、公選法違反の罪に問われた元法相で衆院議員、河井克行被告(57)が、弁護人6人全員を解任して公判が開けなくなっていることを受け、東京地裁は18日、克行被告の公判期日のうち、さらに23日と24日の2回分を取り消した。

 克行被告の公判期日は、すでに16~18日の3回分が取り消されている。妻の参院議員、案里被告(46)の公判は分離されており、予定通り開かれる見通し。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ